前へ
次へ

女性が営業求人で転職する場合の注意点

営業職といったら男性の職場でしたが、近年は女性ならではのコミュニケーション能力の高さや物腰の柔らかさを武器に活躍しています。
女性に人気の事務職や販売、サービス系の仕事よりも営業の方が年収が高いこともあり、結果を出すことが出来れば、ボーナスアップやインセンティブによって年収1000万円も夢ではありません。
営業求人は多くありますが、女性が転職する場合にはいくつか注意する点があり、営業といっても色々な種類があるので自分にあっている営業スタイルを選ぶ必要があります。
女性の場合には高い給料を望む人よりも、残業の少なさを望む人の方が多い傾向にあります。
営業求人に残業はほとんどありませんと書いてあっても、実際には残業が多かったというケースは多いので、転職エージェントに内部情報を確認したり、実際に会社を訪れて勤務時間以降の人影やフロアの電気がついているか、チェックしてみるといいでしょう。
家庭と仕事を両立したい女性の場合には、産休や育休が取得できるのか、復職後の育児と仕事の両立に理解がある会社なのか確認しておく事も大切です。

Page Top